top of page

半自動溶接の種類 - CO²,MAG,MIG溶接


半自動溶接の中では3種類のガスを使用し、その際に溶接の呼び方が変わります。


CO²溶接


炭酸ガス溶接とも呼ばれており、軟鋼用ソリッドワイヤーを使用し、基本的に鉄の溶接に使われます。



MAG溶接


混合ガス溶接(アルゴン80%+炭酸ガス20%)とも呼ばれており、軟鋼用ソリッドワイヤーやステンレスワイヤーを使用し、鉄やスレンレスの溶接に使われます。


MIG溶接


シールドガスとしてアルゴンを使うのですが、アルゴン溶接とは基本的にTIG溶接の事を指す場合が殆どだと感じます。

アルミやステンレスの溶接で使われますが、見た目がTIG溶接に相当劣る為、基本的にアルミはTIG溶接をお勧めします。



CO2溶接

​(炭酸ガス)

MAG溶接

​MIG溶接

ノンガス溶接

使用ガス

​炭酸ガス

​混合ガス

アルゴンガス

不要

(ワイヤーにフラックス入り)

​溶接材質

​主に鉄

(ステンレスも可)

​主に鉄

​主にアルミ

​主に鉄

​スパッター

​多い

​少ない

​少ない

​多い

​風の影響

あり

あり

あり

なし

​仕上がり



閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半自動溶接とTIG溶接の違いは?

TIG溶接とは 片手に溶接トーチ、片手に溶接棒を持って溶接する手法をTIG溶接と言います。 ステンレスやアルミの溶接に最適で、鉄の溶接ももちろん可能です。 仕上りの美しさ TIG溶接 > 半自動溶接 溶接スピード TIG溶接 < 半自動溶接

半自動溶接機とは?

半自動溶接機について スイッチを押すとトーチ先端からワイヤーが出てきて、母材を溶かして溶接します。 おすすめポイント 溶接棒を手で持ちながら溶接する被覆アーク溶接(手溶接)に比べ、溶接棒を交換する手間も省け能率が良く、作業時間を短縮することができます。 そのような理由から半自動溶接機は、DIYからプロまで、非常に人気がある溶接機です。 半自動とは 溶接ワイヤーは自動で供給されますが、溶接の作業自体

Comments


bottom of page