おすすめの溶接機の使い分け方


何を溶接するかで適切な溶接機をお選びください。

​半自動溶接機

​・構造物の溶接や溶接箇所が多い(軟鋼) ・トラックの荷台などの溶接 ・グラインダーで仕上げ

(スパッターが飛んでもいい) ・屋外での溶接

(ノンガスフラックスワイヤー)

建築業、造園業、工務店、自動車整備、運送業、重機関係、自動車用品ショップ、板金屋他

​TIG溶接

​・細かい部分の溶接 ・ステンレス、アルミの溶接

(アルミ溶接は交流) ・溶接箇所とその周辺をキレイに仕上げたい

​バイクショップ、カーショップ、自動車整備、配管設備、電気工事、食品工場、マリンショップ(船関係)板金屋、看板屋、釣り具、建築、リフォーム業他




閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

TIG溶接とは 片手に溶接トーチ、片手に溶接棒を持って溶接する手法をTIG溶接と言います。 ステンレスやアルミの溶接に最適で、鉄の溶接ももちろん可能です。 仕上りの美しさ TIG溶接 > 半自動溶接 溶接スピード TIG溶接 < 半自動溶接

半自動溶接機について スイッチを押すとトーチ先端からワイヤーが出てきて、母材を溶かして溶接します。 おすすめポイント 溶接棒を手で持ちながら溶接する被覆アーク溶接(手溶接)に比べ、溶接棒を交換する手間も省け能率が良く、作業時間を短縮することができます。 そのような理由から半自動溶接機は、DIYからプロまで、非常に人気がある溶接機です。 半自動とは 溶接ワイヤーは自動で供給されますが、溶接の作業自体

半自動溶接の中では3種類のガスを使用し、その際に溶接の呼び方が変わります。 CO²溶接 炭酸ガス溶接とも呼ばれており、軟鋼用ソリッドワイヤーを使用し、基本的に鉄の溶接に使われます。 MAG溶接 混合ガス溶接(アルゴン80%+炭酸ガス20%)とも呼ばれており、軟鋼用ソリッドワイヤーやステンレスワイヤーを使用し、鉄やスレンレスの溶接に使われます。 MIG溶接 シールドガスとしてアルゴンを使うのですが、