top of page

ガスはなくても溶接できる溶接機はありますか?


ガスが無くても溶接できる溶接機はあります。



ノンガスフラックスワイヤーを使用

一般的な半自動溶接機は炭酸ガスや混合ガスを使用して溶接を行います。

ガス無しで溶接する場合、ノンガスフラックスワイヤーを使用することで可能となります。


ガスを使用しないので準備の手間もなく、風の影響を受けないので屋外問わず溶接が可能です。



ノンガス溶接の特徴


炭酸ガス等を使用する場合と比べてノンガス溶接の場合、ヒューム(煙)やスパッター(火花)が多く、仕上がりは被覆アーク溶接(手棒)のような感じになります。


ただ、スパッター除去スプレーやカップブラシ付きのグラインダーを使用することでそこそこ綺麗な仕上がりにすることはできます。




閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

半自動溶接とTIG溶接の違いは?

TIG溶接とは 片手に溶接トーチ、片手に溶接棒を持って溶接する手法をTIG溶接と言います。 ステンレスやアルミの溶接に最適で、鉄の溶接ももちろん可能です。 仕上りの美しさ TIG溶接 > 半自動溶接 溶接スピード TIG溶接 < 半自動溶接

半自動溶接機とは?

半自動溶接機について スイッチを押すとトーチ先端からワイヤーが出てきて、母材を溶かして溶接します。 おすすめポイント 溶接棒を手で持ちながら溶接する被覆アーク溶接(手溶接)に比べ、溶接棒を交換する手間も省け能率が良く、作業時間を短縮することができます。 そのような理由から半自動溶接機は、DIYからプロまで、非常に人気がある溶接機です。 半自動とは 溶接ワイヤーは自動で供給されますが、溶接の作業自体

Commentaires


bottom of page